結婚式に向けてのブライダル脱毛

脱毛するなら結婚する前

結婚式というのは、人生において一大イベントです。
式場選びにドレス選びに、特に女性はあれもこれも大忙しです。

そこでついつい後回しになりがちなのがムダ毛処理。
華やかでキレイなドレスを着るからこそ、なによりもまず自分自身もキレイにしておきたいですよね。
結婚や結婚式を機に全身脱毛をする人が多いのもそのためでしょう。

結婚したら新しい生活やその後は妊娠・子育てをありますし、自分の時間というのはけっこうなくなりがちです。
また自由に使えるお金も少なくなります。
後で後悔しないように、結婚式までにできるかぎりのことはしておきましょう。

ブライダル脱毛とは

ブライダル脱毛という言葉があるように、脱毛の中でもあえて分けられることが多いです。
これはずばり、結婚式ならではの部位があったり、いつまでに仕上げるという期限が決まっているからでしょう。
ウエディングドレスの形状から、ここは絶対押さえておきたいという箇所がありますので、それをひとつずつチェックしていきましょう。

●背中・うなじ・デコルテ
ブライダル脱毛ならではというと、やはりこの3点、背中とうなじとデコルテです。
夏場でもないかぎり普段は服の下ですし、自分ではなかなか意識がいきにくい場所です。
ですが多くのウエディングドレスは、この3ヶ所が大きく開いているデザインになっています。
自然とゲストの目が集まってしまうのです。

特にうなじから背中にかけては要注意。
高砂でゲストと一緒に写真を撮る際、絶対に目に入ります。
なのでキレイなつるつるの状態になっていれば好印象ですね。

●腕から手にかけて
こちらはブライダルならではというわけではありませんが、やはり注意しておきたいところ。
長袖のドレスはあまりありませんし、各テーブルを回るラウンドの時などはゲストの目線にもなるので注意が必要です。
また指輪交換の際にも間近で見られるので、できるかぎりキレイにはしておきたいところです。

●ワキ
これはブライダルというよりは、脱毛の基本中の基本部位です。
特にドレスではワキが見えるデザインのものがほとんどなので、やはり脱毛ですっきりしておくのが気持ち的にも余裕を生むでしょう。

●顔・鼻下
誓いのキスをはじめ、ゲストにもとてもよく見られます。
式場は明るく設計されているところが多く、たとえ産毛でも光が当たると目立ちます。
逆にうぶげがないと肌がワントーン明るく見える効果もありますし、化粧乗りも断然よくなります。
またアルバムのためにアップで撮られることも多いでしょうから、そういう点ではもっとも意識が必要かもしれません。

期間には余裕をもって

脱毛は1回2回で終わるものではありません。
たとえ脱毛効果の高い医療脱毛でも、しっかりと目に見えるには多少の月日はかかります。
また結婚式前はなにかとバタバタして神経も使うでしょうから、行きたくても時間が取れないことも多いです。
最低でも半年以上の余裕をもって臨みましょう。

また医療脱毛は装置の出力が強い分、お肌の表面に影響が出やすい可能性もあります。
時間がないから医療脱毛で、というのは避けたほうがいいと意見も聞きます。
余裕をもっておくのに越したことはありませんが、急ぐ時も慎重に選びましょう。

結婚式のプランの中にブライダルエステが含まれる場合もありますが、専門でやっているところでやってもらうというかたも増えています。
脱毛の中でもブライダル脱毛ならではのこともありますし、専門のプロに任せるのはなにかと安心感があります。

焦るぐらいならブライダルシェービングで

とはいえ、晴れ舞台だからと焦りすぎるのはよくありません。
ただでさえ何かと神経を使う結婚式前でしょうから、焦っていいことんなんて何もありません。

そこで、時間はないけど何より当日にツルツルのお肌で臨みたい、ということであれば、ブライダルシェービングがオススメ。
結婚式のプランに含まれることも多いですし、プロの手によるウエディングドレスならではのシェービングが受けられます。
何より背中やうなじは物理的に自分だけでは届きません。
またブライダルエステでもシェービングのみのコースもあるので、チェックをしておきましょう。

たった一日のこととはいえ、晴れ舞台ですしやはり最高の状態で臨みたいものです。
急がば回れとも言いますし、あなた自身の状況などもふまえて、もっとも効果の出しやすいものを選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です