新時代の脱毛法、ハイパースキン脱毛

脱毛の痛みはカウンセリングで体験

脱毛に対してのイメージは人それぞれですが、やはり多くの人が思っているのが、痛みを伴うということです。
特に医療脱毛で行われるレーザー脱毛やニードル脱毛は、感じ方に個人差はあれど相当の痛みを伴う場合も。
痛みが原因で途中でやめてしまう人もいるほどです。

多くの脱毛が、メラニン色素に反応して毛の根本を破壊します。
その時に発生する温度は、高い場合には80度近くになることも。
一瞬のこととはいえ毛穴が高温にさらされるわけですから、やはり熱や痛みを感じるのでしょう。
事前カウンセリングで体験ができるところもありますし、痛みが苦手というかたは特に初めにきっちり相談しておきましょう。

痛くない新しい脱毛法

そんな痛いのが当たり前の脱毛でしたが、近年導入されつつある新しい脱毛方法では痛みがほとんど伴わないものもあります。
それが、「ハイパースキン脱毛」です。
以前紹介した脱毛方法の中でも少しとりあげましたが、この「ハイパースキン脱毛」は全く新しい発想による脱毛法です。

従来の脱毛が成長期の毛に対してのものだったのに対し、ハイパースキン脱毛では休止期の毛に施術を行います。
つまり、今すでに育っている毛ではなく、これから育つ予定の毛に対してです。
以前に毛周期としてとりあげたように、毛には生え始めから抜けるまでにサイクルがあります。
そのうちでもまだ毛種の状態に対しての脱毛方法なので、出力が弱くても効果を発揮します。
温度も高くても人の体温ほどまでにしかならないので、痛さがほとんどないと言われています。

また従来の脱毛方法では、毛周期の関係上2,3ヶ月に1度しか通えませんが、このハイパースキン脱毛では1ヶ月もすればまた通うことができます。
毛の成長を待つ必要がないために、このように短い期間でも脱毛が可能になるのです。
これ、実はけっこう重要なポイントで、結果的にサロンのお客さんも早く回転することになるので、予約が取りやすくなるんです。
予約が取れないというのは定番中の定番のクレームですので、これはありがたいですね。

敏感肌の方、こどもさんまで

そしてこの出力が弱めで痛みが少ないということから、敏感肌などでこれまで脱毛を断られたかた、また小さなこどもさんでも脱毛が可能になるというのが大きな特長です。
過去に断られた経験があるかたは、ぜひチャレンジしてみてください。
ハイパースキン脱毛といえば、やはり「ディオーネ」が有名ですね。
まだまだ新しい脱毛法だけに、すでに実績が十分あるところは安心感が違います。

また休止期の毛に対して行うため、他の脱毛法では難しい産毛に対する脱毛も得意としてしています。
産毛が一番気になる箇所といえば、やはり顔です。
またやけどなどのトラブルが少しでも出るのが困るのが顔です。
特に顔の脱毛はハイパースキン脱毛がオススメですね。

嬉しい付加効果も

そしてこのハイパースキン脱毛には、もうひとつ大きな特長があります。
それが、照射する光がコラーゲンを生成することで、肌をキレイにしてくれるんです。
肌に負担のかかるイメージのある脱毛ですが、ハイパースキン法ではその逆、エステしながら脱毛という感覚です。

いいこと尽くしのハイパースキン法ですが、効果が目に見えにくいというのが唯一の欠点でしょうか。
今ある毛に対してではないので、効果が実感できるのに少し時間がかかります。
そのへんは最初にしっかりと話をきき、最初から不安を解消してもらいましょう。

痛みがほとんどない新時代のハイパースキン脱毛。
なかなかオススメの脱毛法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です