脱毛のトラブルあるある

やはりトラブルというのはあります

つるつるのお肌を手に入れるための脱毛、ですがその脱毛においてやはりトラブルというのはあります。
もちろん脱毛にかぎらず想定外のことというのは起こるものですが、脱毛は体に関すること、やはりより慎重になりますよね。

ではどういったトラブルがあるのか、またそれにはどのような対策があってどう対応すればいいのか。
先人たちの知恵を参考にし、いざというときのために準備をしておきましょう。

トラブルは大きく分けて2種類

トラブルには大きく分けて2種類あります。
1つが体のトラブル、そしてもう1つがお金のトラブルです。

お金のトラブルに関しては、最初に確認をする、契約書面にしっかりと目を通し理解する、これに尽きるでしょう。
途中でやめたりコースを変えたりしたときはどうなるのか。
またそれが自己都合なのか、施術側に起因するものか、その理由も重要です。

最近では途中で止めてもそんなに損はしないようになっています。
回数分だけの支払いで残りは還ってくる、違約金や手数料もかからない、そういうところが増えてきています。
この解約のルールは、サロンやクリニックで違います。
契約の段階で必ず確認し、理解できるまでしっかりと説明してもらいましょう。

また契約から8日間以内であればクーリング・オフで無条件解約も出来ます。
これには理由の告知もサロンへ出向くことも必要ありません。
やっぱりやめます、それを書面で通知するだけで完了できます。

ただしこれはエステやサロンの場合のみ。
クリニックでの医療脱毛は医療行為に該当するので、クーリング・オフの適用外です。
そのクリニックのルールにのっとった解約手続きが必要になります。

そして体のトラブル、トラブルで多いのはやはりこちらのほうになります。
具体的にいうと、やけど、赤み、痛み、肌荒れなどなど。
きれいになるためにいったのに、あろうことか逆になってしまうパターンです。
ただやはりこれは現実に起こることで、年間200件近くの相談が消費者センターに寄せられているといいます。

これに関しては、まずそのようなリスクが起こりえることを理解していること、これがなにより重要になります。
そしてトラブルに対する保証がどこまであるのか、それも事前に確認しておかなれければいけません。
脱毛が原因のトラブルであれば治療費を全額出すところと、まったく出さないところがあります。
迷ったときは、保証を基準にサロン選びというのもいいかもしれません。

勢いも大事だが、しっかり確認を

脱毛は安い買い物ではありませんし、始めるには勢いも必要になってくるでしょう。
ですが最後の一歩を踏み出す前に、しっかりと確認をしましょう。
いざというときのために、後悔しないためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です