初めての脱毛に向けての準備

誰でも最初は初めて

脱毛に興味を持っている人はたくさんいると思いますが、いざやるとなると何をどう準備したらいいのかわからないという人も多いと思います。
もちろん脱毛をすることが決まれば、行く先のサロンやクリニックで段取りはすべて教えてはくれますが、それより先にどんな流れなのかを頭に入れておきたいですよね。
完全に何も知らない状態よりかは、少なからず知識や情報があったほうがことも早く進むでしょうし、いざというときに冷静な判断もできると思います。

昔に比べると脱毛も安く出来るようになり、ずいぶんと身近になりました。
とはいえトータルではまとまったお金がかかりますので、初めては誰でも不安でしょう。
そんな初めての人が気になることをまとめてみましたので、参考になればと思います。

ネット・来店・電話でのカウンセリング予約から始める

今からお願いしま~す、こちらどうぞ~、とはなりません。
まずはカウンセリングの予約を取ることから始まります。
候補日はいくつか用意しておいたほうがスムーズですね。

そしてカウンセリング当日、一番気になる脱毛したい部位と、それに対するコースやキャンペーンや金額を確認しましょう。
ネット限定のキャンペーンなどもありますし、事前にネットのチェックも必ずやっていきましょう。
そしてお肌や健康の状態、また薬の服用や妊娠の有無なども伝えておいたほうが後々のトラブル回避にもなると思います。
重要なのは、希望はすべて伝えること、また嘘は言わないことです。

せっかくの一大イベントですし、ほんとはあれもやりたかったのに、なんてことにはなりたくないですよね。
また生理中や妊娠中は基本的に脱毛はできません。
生理周期を見越して日程を決めましょう。
また胎児に直接影響はありませんが、痛みなどで母親の健康状態に影響が出る可能性があるため、何か特別な理由でもないかぎりは断られます。
嘘のまま伝えてしまうと、それが原因で後で何かあっでも保証が効きませんので気を付けましょう。

カウンセリング=契約ではありません。
昔は勧誘がすごいイメージの業界でしたが、今はそういう時代ではありません。
もちろん向こうも仕事ですので営業や提案というのはあるでしょうし、実際プロの現場の意見ですから参考になることも多いでしょう。
だからといって流されてしまわないように、迷ったら保留、あとでじっくり考える、というスタンスを決めておいたほうがよいかもしれませんね。
契約には印鑑と身分証明書が必要ですが、流されやすいタイプの人は持って行かないという選択肢もあります。

いよいよ脱毛スタート

コースと内容が決まれば契約を交わし、あとは初めての脱毛を待つのみです。
この初回に向けて、契約の段階で注意事項の説明や書面があると思いますので、まずはそれにキッチリ目を通しましょう。
当日までにやっておくこと、またやってはいけないこと、それらをしっかり把握しておく必要があります。

◆当日までの注意点
ムダ毛処理(1,2日前に・毛抜き不可)
過度な日焼けをしない
飲酒・服薬・予防接種をしない
お肌や体調をよくしていく
着替えやすい服装
肌に優しい下着

◆当日の持参物
かみそり・電動シェーバー
ローション・乳液
UVケア商品

気を付けることはざっくりとこんな感じです。
まずはムダ毛処理ですが、脱毛前はかみそりよりも電動シェーバーがオススメ。
かみそりでは肌にも傷がつきやすいですし、その度合いがひどいと脱毛を断られる可能性もあります。
また剃り残しがあってもまれに断られることがあります。
もしもの時のために、かみそりや電動シェーバーは持参しておきましょう。
また背中やうなじなど、自分では届かないところはシェービングしてくれるところもあるので、事前に確認しておきましょう。

ちなみに毛抜きを使って毛根から抜いてしまうと、光が反応するメラニン色素がなくなってしまうため光脱毛ができません。
その理論から、過度の日焼けもNGとなります。
普段毛抜きを使っている人は要注意です。
その理由については、脱毛の方法で紹介していますので、参考にしていただければと思います。

また個人差はありますが、お酒や薬は体調や肌に影響が出やすくなります。
脱毛はデリケートなものなので、オススメできません。

そして当日は服を着替えるため、着替えがしやすいタイプの服を選びましょう。
またスキニーのような密着するタイプは、施術が終わって元の服に着替えるときに痛みが強く出ることがあります。
施術後は肌が敏感になっていますので、ローションや乳液などでしっかりとケアをしましょう。
スカートやガウチョなどの肌にふれにくい服がいいかもしれませんね。
また特に下着の素材は、化学繊維よりは綿や麻といった自然素材のものが無難です。

脱毛を始めると毛抜きは禁止

意外に忘れがちなのが、脱毛を始めてからのことです。
毛には毛周期とういのがあり、毛種から成長期を経て伸びていき、衰退期を経て抜けていきます。
ほとんどの脱毛法というのはこの成長期の毛に対しての施術。

それが約10日ほどで抜け落ち、次の成長期に入った毛を次の施術でやっつけていきます。
つまり毛抜きで抜いてしまうと、それが次の成長期に入っている毛だと、また次生えてくるまで脱毛の効果を得られることができません。
なのでよほど気になる毛でもないかぎり、電動シェーバーかかみそりで対処していきましょう。

何よりも体調管理

これは脱毛にかぎってではないですが、何よりも日ごろから体調をよくしておきましょう。
お肌というのは体調の影響が出やすいですし、たとえ意識していても生理などでホルモンバランスが崩れることがあります。
できるかぎりのことはやって、夢の脱毛に臨みましょう。

今では肌が弱い人敏感肌の人でも脱毛が出来る脱毛サロンもあります。
「ディオーネ」はその筆頭です。
気になる人はまずここからチェックしてみるのもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です