浴衣を着る前にうなじを脱毛して後ろ姿もキレイに

Pocket

浴衣を着る前にうなじの毛をきれいにしておきたい


花火大会、お祭り、旅行先の旅館で着る機会がある浴衣。
特に花火大会はせっかくの機会だし、デートもするので浴衣を着てアピールするチャンス。

浴衣を着るときに気になるのは「うなじのムダ毛」ですよね。
かわいく髪をアップにしてセットしても、うなじの毛が多かったら正直気になってしまいます。
普段は髪に隠れているから、「見なければよかった...」となりかねません。

浴衣を着る前にうなじの毛をキレイにしておいて、自信を持って浴衣を着たいですよね!

うなじの脱毛は他の部位と違う点があります

首の裏は「襟足」と「うなじ」に分かれます。
襟足は髪の生え際、うなじは襟足の下にある首の部分、になります。

襟足をどういう形にするか、はけっこう大事です。
髪の生え際に沿って、キレイなU字型にすると、境界線がはっきりしてカツラのように見えてしまうケースがあるようです。
自然な形に整えるのがいいようです。

うなじは自分では見えない部分なので、脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛することをオススメします。
注意点はうなじに生えている毛は完全脱毛するのに時間(回数)がかかるということです。
光脱毛やレーザー脱毛は毛が太いほど効果があるため、ワキやVIOなどに比べると1回の脱毛効果が小さくなってしまうからです。

襟足の形やうなじの毛の状態によって適切な処理が変わってきますので、脱毛サロンなどのカウンセラーに相談することをオススメします。

うなじの産毛を脱毛するなら医療脱毛の方が効果的

うなじの産毛は細くて淡い(メラニン色素が少ない)ので、光や医療レーザーによる脱毛効果は得にくいです。
なので、脱毛の結果を早く求めるなら、より出力の高い医療脱毛が効果的です。

夏は浴衣やキャミソールなど、うなじが出る服を着る機会が増えます。
後ろ姿もきれいになるために、脱毛をしておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です