黒ずみができる原因とは

黒ずみも知識があれば対応できる

気が付いたら、こんなとこに黒ずみができている。
そんな経験のある人も多いのではないでしょうか。
毎日見ている自分の体だから、ちょっとした変化には気づきにくくある時急に気づくことも。

いざ黒ずみができてしまうとたいへんですが、その原因と仕組みを知っていれば対応もできます。
これから水着やノースリーブなど露出が増える季節なので、知識は入れておきましょう。

黒ずみの原因はいくつかある

黒ずみの原因は、その部位によって変わります。
まず黒ずみがよくできる場所といえば、ひじやひざ、そしてわきやデリケートゾーン(陰部)、そして顔です。
そして主な原因は、「肌の摩擦」です。
顔の場合は、洗顔やクレンジング、他の部位は下着や服などとの摩擦が大きな要因です。
またひじやひざなどは直接地面や机にあたることも多いので、それも原因となります。
かみそりで毛を剃ることで黒ずみが、、というのはこの肌の摩擦が原因ですね。

メラニン色素とターンオーバー

まず肌というのは、外部から刺激を受けることで肌自身を守ろうとします。
その時に出るのがメラニン色素。
日焼けで肌が黒くなるのはメラニン色素が原因、馴染みのある言葉だと思います。

この守るというは非常に範囲が広く、下着や服とのこすれも含みます。
つまり普通に生活しているだけでも、肌はダメージを受けているということです。
そしてこれらのメラニン色素は肌に蓄積されていきます。

そして肌にはターンオーバーといわれる肌周期があります。
今ある肌というのは約30日を周期として生まれ変わっていきます。
つまり蓄積されたメラニン色素も、このターンオーバーで排出されていきます。
ただメラニン色素の量が多いと、ターンオーバーでは間に合わなくなりそれが黒ずみとなって残ってしまいます。

サイズが合っていない下着や、スキニーなどのぴっちりとした服は、余裕のある服に比べるとダメージは大きくなります。
またひじやひざなどはもともと皮膚表面が分厚いので、よりメラニン色素がたまりやすいので黒ずみも目立ち気味になります。

角栓も黒ずみの原因

またこれは主に顔の黒ずみの原因になりますが、毛穴から出る皮脂や汚れが、落とし切れていないファンデーションなどと混ざり合ってできる「角栓」です。
これに関しては、ピーリングや毛穴パックやシートで取り除くことが出来ます。
これをするとお肌がワントーン明るくなるというのは、角栓が取り除かれるからですね。

ただこれも、あまり強くゴシゴシすると摩擦を与えることになりますから注意が必要です。
なにごともほどほどが重要です。

黒ずみはできてしまうとターンオーバーで追い出していくことになりますが、それをサポートしてくれる心強い味方もいます。
ピューレパールはその代表格。
送料無料の永久保証ということで、とりあえずやってみるか、というのにもぴったりです。
脇訴求

体調管理がなにより重要

お肌の調子がというように、体調はとても大事です。
これはお肌だけでなく体全体のことに関係しますし、やはり元気な日のほうがお肌の調子もよくなります。
逆に体調が悪かったりするとターンオーバーにも影響を与えますので、結果としてお肌の黒ずみにもつながってしまいます。

生理中などで体調や気分がすぐれない日もありますが、規則正しい生活としっかりとした食生活はなによりも大事。
普段からきっちりと意識することで体全体にいい影響を与えますので、しっかりと意識しましょう。

脱毛は黒ずみ軽減の大きな一歩

身近になった脱毛、これは普段行っているムダ毛の自己処理を大幅に減らしてくれるため、かみそりなどで与える肌への負担が大きく減ります。
また脱毛によって自分に自信が持てるようになるので、それにより体調や気分もよくなるでしょう。
先に挙げた中でも、わきやデリケートゾーンは特に人気の脱毛部位。
気になっている人は脱毛を考えてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です