脱毛の方法には何がある

Pocket

大きく分けて方法は4種類

脱毛って、肌の上を何か機械を通していきますよね。
それがいったいどういう仕組みで脱毛になるのでしょうか。
細かく分けるともっとたくさんありますが、ここでは大きく分けて4種類で説明していきたいと思います。

医療行為とそうでないものがある

まずは脱毛の中でも医療行為にあたる2つを紹介していきます。
これはサロンやエステではなく、クリニックで行われるやり方。
高出力の装置を使うため、効果も痛みも強いというのが一般的な意見です。

それが、「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」。

医療脱毛は効果も痛みも大きい

「ニードル脱毛」は読んで字のごとく、針を用います。
毛穴に極細の針を刺し、その先に電流と高周波を流すことで、毛を作る細胞を破壊してしまうやり方です。
極細とはいえ針ですし、さらにそこに電流を流す、個人差はあれど強い痛みを伴うとされている脱毛方法です。
ですがその分脱毛効果は圧倒的に高く、永久脱毛も可能になっています。

また多くの脱毛方法がメラニン色素などの色に反応するのに対し、このニードル脱毛は毛穴から直接細胞に働きかけるもの。
毛穴の場所が特定できるように1mmほど毛が見えていれば、日焼けした肌や白髪などであっても施術が可能です。

デメリットは先に挙げた強い痛みと、毛穴1個に対して1処置になるためとても時間とお金がかかるということです。
抜群の効果を取るか、時間とお金のバランスを取るか、それはあなた次第ともいえるかもしれません。

もうひとつの医療脱毛が、「レーザー脱毛」。
これは強い波長のレーザーを肌にあて、メラニン色素などの黒い毛に反応させるもの。

それにより毛の下の細胞までレーザーを照射させて、毛を作る細胞を破壊するやり方です。
ニードル脱毛と同じく高い脱毛効果を発揮し、基本的に毛が再び生えてくることはありません。

また広範囲を一度に照射できるため、施術の時間もグッと短くなっています。
最近の医療脱毛ではこのレーザー脱毛のほうが主流でしょう。

デメリットは同じくそれなりの痛みを伴うこと。
また強いレーザーは毛だけでなく肌にも照射されるため、肌が弱い人はもちろん、そうでない人も場合によっては赤みが出ることも。
またメラニン色素などの色に反応するため、日焼けした状態では施術ができないこともあり、白髪にも反応はしません。

この2つは医療脱毛にあたるため、仮に何か問題があったとしても、医療機関にいるということなのでその場ですぐに対処してもらえるところが強みです。
また麻酔を利用できるところもあるようなので、あらかじめ確認しおいたほうがいいでしょう。

都心部のみになりますが、医療脱毛はレジーナクリニックがオススメです。
特に全身脱毛(顔、VIO除く)の価格が医療脱毛としてはお得になっています。
また年中無休で平日は21時までやっているので、予約が取れないという定番のクレームも少ないようです。

価格も痛みも控えめなのがサロン

医療脱毛は痛みもあるし価格も高めだしということで、ついつい二の足をふんでしまいがち。
近年、脱毛サロンが人気なのはそういう理由もあるかもしれません。

そして脱毛サロンで行われる脱毛方法は、そのほとんどが「光脱毛」です。
医療脱毛で使われる装置よりも出力の弱いものというイメージ。
なので当然痛みもかなり少なくなり、ほとんどないという意見も多く見られます。

痛みが少ないだけでなく、価格も医療脱毛に比べると基本的には安く済みます。
手軽な気分で始めるのに向いています。
また出力が弱めのため、VIOなどのデリケートや部分も得意としています。

デメリットとしては、医療脱毛よりも装置の出力が弱い分、しっかりとした毛にしか反応しないところ。
つまりうぶ毛には反応しない場合が多いので、効果をしっかり出すためには医療脱毛よりも長期間通わなければいけません。
場合によっては総額で医療脱毛と同じぐらいになる可能性もあるので、回数や効果の確認は契約前にしっかりしておきましょう。

また永久脱毛ではないので、個人差はありますが何年かしたらまた生えてくる場合が多いです。
脱毛ではありますが永久脱毛ではないので、そこは頭に置いておく必要がありますね。

そこで脱毛サロンの中でも、生涯メンテナンスを保証しているところがあります。
それが「シースリー」。
シースリーでは、脱毛サロンの脱毛ではムダ毛はいつか復活する、と断言しています。
これは他に例を見ないパターンです。
そこで生涯メンテナンスというサービスをやっていますので、これはありがたいですね。

新時代の脱毛法

そして近年注目されているのが、従来の脱毛方法にはなかった新しい発想のものです。
それが「ハイパースキン脱毛」とよばれるもの。

従来の脱毛法が今ある毛に対して処置を行うのに対し、ハイパースキン脱毛ではこれから生えてくるはずの毛に対して行います。
そのためさらに出力の弱い光での施術が可能なので、痛みはほぼないといえます。
また毛周期に関係なく脱毛ができるので、早く終わらせることができます。
アトピー肌や敏感肌の人に対しても行えるのも、このハイパースキン脱毛のみ。

またこれから生えてくるはずの毛というのはメラニン色素を持っていますので、そのメラニン色素ごと破壊するため、なんと美白効果も伴います。
脱毛というと肌に負荷がかかりそうなイメージですが、ハイパースキン脱毛ならそんな心配も無用です。

デメリットは光脱毛に比べると費用がかかるところ。
また産毛に対しての処置のため、目に見えるすぐの効果が見えにくいというところです。

ハイパースキン脱毛で有名なのは、脱毛サロンの「ディオーネ」
まだまだこれからの脱毛方法なので、すでにそのノウハウがきっちりとしているところでは安心ですね。

脱毛方法は主にこの4からなっています。
それぞれメリットデメリットがありますし、あなたにもっとも合った方法を選んでみてください。

RelatedPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です